Others/その他

結局、どう生きたいか、だね。What’s Your Choice?

先日、写真家の忠地七緒さんにお声をかけていただき、 写真集出版記念トークイベントにゲスト出演した。 彼女とは、約1年前、私が清澄白河のiki ESPRESSOで個展をした際に プロフィール写真と会場風景の撮影をお願いして…

制限こそが、自由を生む。Restriction is the Gate to Freedom

今年に入って、挑戦していることの一つが 白黒のみで描く、という行為。 白のインクと黒のインク。 白の水彩と黒の水彩。 時には鉛筆も使うが 基本的にそれだけの画材で描く行為。 そう聞くと、なんとも味気ない形の作品が できそ…

レター×アートのワークショップ Letter Art Workshop

突然ですが、年賀状は 書く派ですか? 書かない派ですか? SNSやメールで事足りるので 書く必要がない、という声よく聞きます。 書かない方の気持ちもよく分かるものの、 それでも、書くことって意外と楽しいもんです。 特にそ…

絵を描くこと と コーチングをすること Art of Coaching

しばらく前からとても言語化したいことがあって、 でも、言葉にしようとする途端、 煙のようにたち消えていくことが重なり、現在に至っています。 そんなわけで心の中に渦巻いている フワフワを手繰り寄せて、書いています。 今秋の…

一瞬に永遠を閉じ込める行為 Mitsubachi to Enrai

昔から小説を読むのが好きだ。 外出する時には必ず本を忍ばせているぐらい好きだ。 今、私の鞄の中に入っているのは 奥田陸さんの『蜜蜂と遠雷』。 直木賞と本屋大賞のW受賞でも 話題になった本作。 一度読んで感動し、 そのまま…

最大限生きるためにできる唯一のこと Present as a Gift

フライトアテンダントの友人から23歳の時に聞いた、 今も、時折思い出すことがあるエピソード。 その友達がファーストクラスのお客様にアテンドしていた時に お客様から聞いた話である。 ● プレゼント。 ‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾…

自由に描けない理由 Being Free from Program

「筆を持つ」展、二週目が終わりました。 三連休をまたいでの二週目は、 Dialogue DrawingとLet’s Draw Workshopも行われました。 今回はその中からワークショップで 感じたことを綴…

描くことは、待つこと Waiting Patiently for the "Moment"

「筆を持つ」展、第一週が終わりました。 初めましての方もそうでない方も、 たくさんの方とお話をさせていただく中で 色々な感覚や感情が渦巻いているのだが 今、素直に思っていること それは、「今回の展示をやってよかった」とい…

描くことは、待つこと Waiting Patiently for the "Moment"

「筆を持つ」展、第一週が終わりました。 初めましての方もそうでない方も、 たくさんの方とお話をさせていただく中で 色々な感覚や感情が渦巻いているのだが 今、素直に思っていること それは、「今回の展示をやってよかった」とい…

透明なヴェールを剥がす時 An Honest Painting

約一週間後に個展が始まる。 ということで、今日は 制作中やその合間に気づいた言葉の中から 今の私にとって最もしっくりきているメモを シェアします。 《良い絵を描こうとするのではなく ただただHONESTな絵を描きたい。》…

小説から読み解く妄想 Stories and Delusions

絵が非言語のメッセージだとしたら 小説は思いっきり言語的な内容だ。 だから、絵を描く息抜きに小説を読むのが好きだ。 最近読んだ2冊は書店の店頭で話題になっていたものたち。 ●「 豆の上に寝る」と「マチネの終わりに」 ‾‾…