About the Artist

Kayo Nomura  |  野村佳代

兵庫在住の抽象画家。幼少期をカリフォルニアで過ごし、帰国後も多くの土地で暮らした経験を持つ。アーティストとして活動するまでにマスコミ、外資系企業、シンガポール勤務、とキャリアを重ね、人間の持つ多様性を実感する。人の数だけ存在する多様な物語の中に潜む普遍的な真理を、絵画の世界に落とし込むように。‘今’に意識を集中し、言葉とその奥にあるエネルギーや、人や空間すべてとの『「対話」から生まれるアート』をコンセプトに、個展の開催やDialogue Drawingなど幅広く活動している。