Others/その他

余白時間のススメ Like a Blank Canvas

突然ですが 「緩めるための時間」取っていますか? 人によって「緩める」の定義が違うだろうけども、 敢えて定義するとしたら ・時間やTo Do Listに追われずに ・自分の心が穏やかな波のような状態で ・仕事のことや家族…

2019年の終わりに As This Year Comes to an End

2019年の始まりは実は火曜日だったのですが 2019年の終わりも火曜日。 始まりと終わりが火曜日というのは稀ですので、 この年を終えるにあたり、2019年のテーマ 「挑戦と余白」を日記調に振り返りました。 長文ですがお…

時間を区切る生き方のススメ Cutting the Timeless Time

本日はクリスマスイブですね。 そして1週間ほどすれば大晦日。 この時期はどうしても「時間がない」と感じたり 時間に追われているような感覚になりがち。 忘年会やらクリスマスやら仕事納めやらのイベントで 全体的に世の中が焦っ…

2020 Calendar 発売のお知らせ Calendar for 2020

本日は来年のカレンダー発売のお知らせです。 テーマは去年に引き続き「お守り」。 カレンダーは毎日目にするものですので、 眺める中でワクワクしたり、気持ちに寄り添うような、 そんな内容のカレンダーにしたい、 という気持ちを…

否定も肯定の一部だから。 Acceptance and Denial

突然ですが、大学生の頃の話からスタートします。 ● 大学3年生が終わり、4年生に進む時、休学をして イギリスに一年間、インターンシップ留学に行った。 小学生の大半をアメリカで過ごした私にとって 価値観の相違や和を重んじる…

時間を区切る生き方 Life as a Journey

2019年の上半期が終わった。 月が切り替わると、時間の感覚がピシッと引き締まる。 月の始まりに感じていたフレッシュな空気感が、中頃にはダレて、 終わりになると「あ、もう今月が終わってしまう」という循環の 中で、毎月1日…

挑戦と余白 Art Through Dialogue

2019年は火曜日からの始まりです。 と言うわけで、 新年明けましておめでとうございます。 新年というのは、初心に戻る日。 まっさらな一年を前にした時に、 どんな未来を紡いでいきたいのか 自由に考える日、でもあります。 …

完成された美ではない挑戦 L.I.V.E

日々心がけていることの一つに、 美術館に行ったり、展示を見にいくこと というのがある。 ただ、ここ数ヶ月は 音楽を聴きに行く事に注力している。 それはなんでか? という疑問と共に最後まで読んで頂けると嬉しいです。

すべてが種まき活動 Plant a Seed

数ヶ月前にご紹介しました 新プロジェクトのお知らせ-その1- Mecelo こちらの記者発表会が先日東京で開かれました。 事業責任者のMさんに「当日協力をしてほしい」とのご依頼を受け、 登録作家の一人として、記者発表会に…

うまくいかない時ほど肉体を動かす Move When Feeling Down

皆さんにとって、8月ってどんな月ですか? 花火大会や海に行ったり遠出をしたり 賑やかで楽しい時期だという感想をお持ちの方も 多いかもしれません。 私にとって、8月は、毎年苦しみを伴う月です。 暑いから、とか夏バテしやすい…

時間と空間を超える芸術 Where Time Stood Still

私は絵を描く身として、 美術館に足しげく通う方だ。 サーっと眺めるだけの絵も 食い入るように見惚れる絵も 数多く見てきた。 でも、、、 フィレンツェのウッフィツィ美術館に 展示されているボッティチェリの「春(プリマベーラ…

変化を作り出すための方法 Change is Always Possible

イタリアでの制作をと押して、 作品が変化していることを実感している。 数日間、青い湖のほとりでひたすら描いていたのだが 淡く、薄く、澄んだ色合いが増えた。 また、より、シンプルな表現に変化した。 それが良いのか悪いのか、…

製作に光を当てる行為 Process Underneath the Art

私たちは、目に見えるものに 左右されながら生きている。 雨だったら、うんざりした気分になり、 晴天だったら、清々しくなる(人が多い)。 花が咲いていたら、美しいと感じ、 川にゴミが浮かんでいたら、嫌悪感を感じる。 その一…

なぜ作品が変化していくのか? There is no Moment like NOW

限られた画材の中での表現を突き詰めていく過程の中で 再び作品が変化する時期が来てることを予感している。 ことの発端は、 今年に入って、白と黒だけを使って実験的作品を 毎日描いていこう、と決めたこと。 その結果、色を使用す…

逆を取り入れて、世界を広げる。Other Side Leads to a Wider View

絵を描くこと、と 言葉を使うこと。 この両者は一見真逆だ。 一方は、感覚的な芸術的領域で、 他方は、左脳的な言語能力を取り扱う分野だから。 でも、絵を描くことと言葉を使うことは 本当は、セットなのだと感じている。 右脳も…