Others/その他

光と色の関係と考察 No Colors Without that Light

    毎朝夕の散歩(時にランニング)が日課になってどれぐらい経つのだろう。 毎日同じ川沿いを歩くものだから 景色に飽きるのかと言ったらそんなことは全くなく。 むしろ逆で、 ここ数ヶ月ですっかり日の出…

春からの贈り物 Season of Cherry Blossom

Midnight Cherrry Blossoms -夜桜の表情- “昼間の表情と夜の表情、最も異なる最たるものは桜。 夜の桜は艶があり、より一層、生命の力と儚さを同時に感じさせてくれる存在だ。”…

今年のテーマはシンプルに Simple is the Best

2021年、始まりましたね。 まっさらな一年、どんな一年にしていきたいですか。 私は毎年、一年のはじめに今年のテーマを決めています。 今年はめちゃくちゃシンプルに「楽しさ」を軸に置いて進んでいきたいと思っています。 そう…

人生という名のパズル Life As a Puzzle

実感のないまま、2020もラスト1か月。 _ 突然だが、ここ最近、色々なパズルのピースが埋まっていく感覚を実感している。 解像度は悪いけども、全体像がぼんやりと見える、そんな感じ。 あと少しで一旦完成しそうなこの図は、8…

水の波紋、心の波紋。Ring of Water, Ripples of Emotion

昔、こんな遊びをしたことがないだろうか? 川に向かって小石を投げ、ぴょんぴょんと連続ジャンプをさせる遊び。 私は決して水きりは得意ではなかったけども、石を投げたことによって水面に波紋が広がり、どんどんその輪が広がっていく…

水という魔法 Magical Water

突然だが、先日、とある集まりで「水」に関するエッセイを書いた。 水。 その存在に魅了される。   例えばその姿と形。 どんな入れ物の中にも入り込む。 あらゆる物体の中に浸透する。 水道を捻れば、姿も形も留めるこ…

生き方の方向を指し示す言葉 Life Purpose

お盆休み中に本棚の掃除をした。 そこに、まだ私が絵描きになる前の時期に書いたノートブックが出てきた。ちょうど会社員をやめ、どのように生きたいのか模索していた時期だ。30歳になった頃のことだ。 過去の自分が好きだったこと、…

自然に触れ、バランスをとる Virtual and Reality

気軽に県外を超えることが難しい今、オンラインでの講座が主体になった。 以前にも記載しているが、(便利さの代償 The Price of Convenience ) リアルにはリアルの、オンラインにはオンラインのメリットデ…

ミナ ペルホネン/皆川明 展 minä perhonen

兵庫県立美術館で開催中のミナ ペルホネン/皆川明 展に足を運んだ。 言わずと知れたブランドminä perhonen。 と言いたいところなのだが、恥ずかしながら、テキスタイルに詳しい知り合いが勧めてくれたこの展示を機に初…

便利さの代償 The Price of Convenience

4ヶ月ぶりに関西圏を出て、地元名古屋に帰った。 新幹線に乗るのも、バスで移動するのも、少しばかり緊張した。 つい、この間まで当たり前の生活だったものは、状況が変わればそれがいかに貴重なものだったのか、ということを思い知ら…

第三の道 The Third Way

  現在の世界を、VUCAワールドというらしい。 Volatility(変動性・不安定さ)、Uncertainty(不確実性・不確定さ)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性・不明確さ)の…

雑談の効能 Small Talk

今朝の朝日新聞に解剖学者の養老孟司さんによる新型コロナに関する寄稿が掲載されていた。 タイトルはずばり「人生は本来  不要不急」。 彼の仕事人生を振り返りながら、タイトルの通り、人生とはそもそも不要不急のものなのではない…

変わりゆく世界の渦中にて In the Eye of the Storm

刻一刻と状況が変わり、世界が変貌の渦中にある今。 日夜、様々な感情が入り乱れながら私たちは生きている。 先が見えず負の感情に押しつぶされそうな時もあるかもしれない。 そんな時、どうしたらいいのか? 例えば恐怖がある時。 …

お知らせ//英文ページ開設 English Page

本日はお知らせです。 これまでの日本語ページに加えて 英文ページを開設しました。 コンテンツはまだ少ないですが、 徐々に充実させていければと思います。 ・ 新型コロナウィルスの影響で 様々なイベントや企画が延期・中止に追…

生きている限り Loss of a Friend

友人が亡くなった との知らせが入った。 長らく闘病生活をしていた彼女。 奇跡的に回復したのも束の間 病気が再発し、とうとう 帰らぬ人となってしまった。

余白時間のススメ Like a Blank Canvas

突然ですが 「緩めるための時間」取っていますか? 人によって「緩める」の定義が違うだろうけども、 敢えて定義するとしたら ・時間やTo Do Listに追われずに ・自分の心が穏やかな波のような状態で ・仕事のことや家族…