バレエから問い直す「一瞬と永遠」 Eifman Ballet

三連休の初日、Eifman Balletのアンナカレーニナ(原作トレストイ)を 観にびわ湖ホールに行った。 Eifman Balletとは… 2+

2019.07.16

“もののあはれ”の印象派と旅人のような転勤生活 It’s All About “Here and Now”

カフェでたまたま手にした雑誌。 そこにシャガールの特集記事が掲載されていた。 「日本人には古くから、移りゆくことこそ常態である。 という考え方が人の間に広く浸透している。 それは仏教的世界観と、気象条件や自然災害の多さな ...

2019.05.21

憧れを超えていくということ Surpassing Inspiration

野球好きではなくても、イチローの引退には 衝撃を受けた方、多いのではないでしょうか? 私もその一人でした。 本日のKayo-bi Journal 「憧れを超えていくということ」は イチローの引退会見の中で一番印象に残った ...

2019.03.26

「心の年輪」の作り方 Standing Still in Midst of Pain

最も小説家のひとりが村上春樹だ。 小説のみならず、翻訳やエッセー、インタビュー本等 様々なジャンルの著作を出しているが、 期間限定でホームヘージを立ち上げ、読者から質問を募り、 それに返答をする、という読者の皆さんとやり ...

2018.08.21

2つの実話映画から読み解く素質と性格 Tonya and Molly

昨晩イタリアに着いた。 ルネサンス期の作品を見て回ったり イタリアの画材屋さんに行く予定をしているが 主目的は ・来年以降の計画立て ・7月展に向けての実験的作品の制作 ・アートコーチングの構築 といったところ。 まだ到 ...

2018.05.29

一瞬に永遠を閉じ込める行為 Mitsubachi to Enrai

昔から小説を読むのが好きだ。 外出する時には必ず本を忍ばせているぐらい好きだ。 今、私の鞄の中に入っているのは 奥田陸さんの『蜜蜂と遠雷』。 直木賞と本屋大賞のW受賞でも 話題になった本作。 一度読んで感動し、 そのまま ...

2017.12.05

1 / 1612345...10...最後 »