大掃除を通して感じた「掴み取りたい」もの Putting Chaos into Order

2017.12.12


今年は年末の大掃除を
前倒しして行っている。
日常の中に埋もれてしまっているものを
掘り出し、いらないものを捨て、
家具もあちこちへと移動させる作業。
数時間経つと、足の踏み場がなくなるほど
物が散乱している状態に。

一番ぐちゃぐちゃなカオスな状態になると
道半ばで全て放り出したくなるけども
そこをぐっと我慢して
手を動かし続けると
不要なものがなくなり、今までよりも
スッキリとした部屋が実現する。
● 部屋の状態=頭の状態
‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾
私たちの頭の中もぐちゃぐちゃと
すでに不要になったものを保存している
のではないか、と、ふっと思う。
例えばインターネットで目にする情報、
SNSで知人友人がどこそこに行ったという内容、
テレビやラジオから流れてくる映像と音声、等々。
無意識に身を任せていたら
無限にも情報は入って来る。
それも、「どうでもいい」内容のものが。
自分に必要な物だけで構成されている部屋のように
頭の中も、定期的に整理することが必要ではないか。
● 何を掴み取りたいのか
‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾
就職活動をしている時は
新聞を見ていても街を歩いていても
就職活動の情報が飛び込んでくるという。
同じように妊婦になった途端、
どれだけ妊婦が世の中にいるのか
目にするようになるか。
つまり、自分が焦点を向けた先の情報が
目につくようになるということ。
だから、
意識をすること
がよりよく生きるための
道標になるのではないかと思う。
漠然と生きていたら、
漠然とした内容のものを
掴み取る。
一方で
コレ!と思ったものを持っている人は
コレ!と言った内容のものを掴み取る。
一言で言うと
意識の違いがそこにある。
● まとめ
‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾
年末の大掃除に加えて
来年の目標を立てる方が
これから増えていくと思うが
「どうしたいのか?」
を明確にすればするほど
情報やリソースが
手に入ってくると思う。
私も今週は来年の計画を立てるため合宿中です。
何を掴み取りたいのかはっきりさせてきます〜
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
2017.12.12 Tuesday(*KAYO-BI)
Kayo Nomura
*KAYO-BI:毎週火曜日に更新しています。

3+