バツの中にマルがある Behind the Cloud is the Sun Still Shining

2019.04.09


先週、夫の仕事にひっついて、沖縄に行ってきた。

今月20日からの展示が控えているので
ひたすら、ホテル内で描くことに集中した日々。

しかも、沖縄というと、暑くて晴天続きで、
青い景色という印象を多くの方が持つかもしれないが、

先週の沖縄は雨や曇りが多く、その上寒かった。

本来であれば、晴れていてほしい日が雨だと
その雨を憎きものだと思ってしまう。

こんな時、思い出したのは、

ニュースキャスター安藤優子さんの言葉。

⚫︎ 雲の上には…、
‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾
“Behind the cloud is the sun still shining.”

どんな嫌な日の中にも、光り輝く存在が見守ってくれているからね、
というニュアンスとして私は解釈した。

雨の日も嫌な日も、その表層を取り除いた中には、
太陽がキラキラ光っている。

「どんな日も大丈夫だから。」
そう思わせてくれた言葉であり
雨の日を変えさせてくれた一言でもある。

そう思うと、むしろ、晴れの日よりも雨の日の方が
有り難いような気持ちにさえなってくる。

晴れの日にハッピーでいるのは簡単。
すべてが光り輝いているし、傘もいらないし
洗濯物はすぐ乾く。笑。

人生順調のとき、それが当然のように思えてくるのと一緒で。

困難な時こそ(雨が降っている時こそ)、
心の有り様が試させる。

⚫︎ すべては丸。
‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾

雨の日も
晴れの日も

曇りも
大荒れな日も。

喜ばしい出来事も
苦しく悲しい状況も

すべてを投げ出したくなる日さえ、
本当はギフト。

すべて、事実をどう受け取り、
どんな解釈を与えるかで変化する。

そう思うと、
すべては丸。まる。マル!

⚫︎ 今週の一言 問い
‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾
あなたにとって、バツ(雨)だと思っていることの奥に、
どんなマル(晴れ)が見え隠れしていますか?


なんて、こんなことを書くのは、
私自身今、いっぱいいっぱいだからなんですー!笑

「バツのように思える日も、実はマルが隠されている。」
そう、視点を向けていくことで、事実はどう変化していくだろう?

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
2019.4.9 Tuesday(*KAYO-BI)
*KAYO-BI:毎週火曜日に更新しています。

3+