挑戦と余白 Art Through Dialogue

2019.01.01


2019年は火曜日からの始まりです。

と言うわけで、
新年明けましておめでとうございます。

新年というのは、初心に戻る日。
まっさらな一年を前にした時に、
どんな未来を紡いでいきたいのか

自由に考える日、でもあります。

そのような日だからこそ、
改めて、自分の活動について考えていきたい

そして、これを読まれている皆様も、
ご自身の活動を振り返り、再認識する気かっけとなれば。

そんな想いの新年一発目のKAYO-BI JOURNALです。

⚫︎ トライアングルを行き来する
‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾

私の活動の主軸は言わすもがなですが
「絵を描くこと」です。

具体的には
様々な形で作品発表をすること。

依頼制作やコラボもこのジャンルに入ります。

その主軸の上に、二つの軸があります。

その一つが
コーチング活動。

Dialogue Drawingや
Soul Art Coaching
もその中の位置付けです。

そして、もう一方が
ワークショップ活動。

うまく絵を描くことではなくて
自分をより良く知るための内容を提供しています。

これら三つの活動が
行き来するのが私の行なっていることです。

⚫︎ 軸となる想い
‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾
土台の、絵を描くこと
を通してやりたいこと。

それは
人の人生にきっかけを与えること、
魂に訴えかける作品を生み出すこと、です。

それに付随する形で
ワークショップやイベントの開催、
そしてdialogue drawingやsoul art coachingを提供しています。

・絵を描くこと
・人との対話(コーチング)
・ワークショップ

この三つを通して、
絵を描くことをメインに
人の人生と関わっていくこと。

活動を一言で表すと
「Art Through Dialogue」

絵を軸とした対話、です。

⚫︎ 挑戦と余白
‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾
2019年は、この軸はより太く、広くさせていきます。

具体的には、
・より多くのイベントやマルシェに出店
・海外での展開の種まき(特にヨーロッパ)
・年5回以上の個展活動
・コーチング活動のための継続的勉強
・様々な企業や団体とのワークショップコラボ
等々。

テーマはずばり
「挑戦と余白」

たくさんの挑戦をしていきます。
これまでも私なりの挑戦をしてきたのだけども、
腹をくくってやっていく決意と共に
「挑戦」とあえてラベリングしました。

「余白」は、やりっぱなしにならないように
空白の時間を持てるような余裕も持つという意味合いを込めて。

今年一年が終わった時に、
やりきった、と胸を張って言える年にします。

⚫︎ 一言 問い
‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾
今日はお正月ということで、
二つの問いをお届けします◎

「あなたの活動を一言でいうと
何になりますか?」

「あなたの今年のテーマを一言で
いうと、何ですか?」

//今年も皆様にとって、実り多き一年となりますように//

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
2019.1.1 Tuesday(*KAYO-BI)
*KAYO-BI:毎週火曜日に更新しています。

6+