多様の中の調和 Through Monet’s Work

2019.08.20


まだ描き出して間もない2015年に、
神戸市博物館でチューリッヒ美術館展が開催されていた。

そこでの展示は今でも鮮明に覚えていて、
なかでも2つの作品が目に焼き付いた。

そのうちの一つがモネの作品
「The Water Lily Pond in the Evening(睡蓮の池、夕暮れ)」。
(さらに…)

0

旅は未来への種蒔き Journey as a Seed to the Future

2019.08.13

定期的に旅に出るようにしている。
理由はシンプルだ。

まだ見ぬ世界を見たいから。
まだ見ぬ自分を見たいから。

そしてそれはまだ生み出せていない
絵を描く行為を通して、

まだ見ぬ作品に出会いたいから
と地続きにつながっている。

(さらに…)

2+

個展OMAMORI vol.2 世田谷百貨店 Exhibition in Setagaya Dpt. Store

2019.08.06

本日は個展のお知らせです。

2019年9月3日-20日まで
世田谷百貨店にて、個展を開催します。

昨年同様、テーマは「OMAMORI」

日々にそっと寄り添うお守りのような、
古い友人から届くお便りのような、
優しくて淡い作品たちを展示します。

*2020年のカレンダー原画及びカレンダーの販売もします。 (さらに…)

2+

否定も肯定の一部だから。 Acceptance and Denial

2019.07.30

突然ですが、大学生の頃の話からスタートします。


大学3年生が終わり、4年生に進む時、休学をして
イギリスに一年間、インターンシップ留学に行った。

小学生の大半をアメリカで過ごした私にとって
価値観の相違や和を重んじるお国柄に嫌気をさしていて、
もっと言うと自分が日本人であることにまでも嫌悪していた。

だから日本で就職することよりも、
海外の会社に入って世界を股にかけた
キャリアウーマンになりたいと思っていた。

そのためのステップとしての留学だった。 (さらに…)

2+

自分であること Be You, Do You, For You

2019.07.23


突然ですが、
「絵を通してやりたいことは何か?」
と聞かれたら私はこう答えます。

「絵を通して、見てくれる人の
心を浄化していくことをしたい」と。

でも、その一方で、
作品発表の場だけではない活動を
私はしたいと思っています。

それはなんでかというと、
人とのコミュニケーションをとることが
私にとっては何よりも大事な行為だから。

もっと言うと、
人を癒すこと・元気にすることが
私の活動の軸だと思っているから。

(さらに…)

5+
1 / 19612345...102030...最後 »