「筆を持つ」展終了しました。I will Never Change, But I will Never Stay the Same

2017.10.17


三週間に渡る《筆を持つ》展、無事終わりました。

お越し下さった方、一度ならず何度も来て下さった方、
気にかけてくださった方…ありがとうございました。

終わってホヤホヤの中で、感じることは沢山ありすぎるので
2つだけに絞って、今回の展示を通して思ったことを。

● 人間への興味
‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾
まずひとつ目。
最も強く感じることは、
すごく変に思うかもしれませんが、 (さらに…)

1+

自由に描けない理由 Being Free from Program

2017.10.10

「筆を持つ」展、二週目が終わりました。

三連休をまたいでの二週目は、
Dialogue DrawingとLet’s Draw Workshopも行われました。

今回はその中からワークショップで
感じたことを綴っていきます。
(さらに…)

2+

描くことは、待つこと Waiting Patiently for the “Moment”

2017.10.03

「筆を持つ」展、第一週が終わりました。

初めましての方もそうでない方も、
たくさんの方とお話をさせていただく中で
色々な感覚や感情が渦巻いているのだが

今、素直に思っていること

それは、「今回の展示をやってよかった」ということ。

こんな感想を持つのは時期早々かもしれないのだが、
そうとしか言えない。

(さらに…)

1+

筆を持つ展 スタートします & 在廊日のお知らせ GULI GULI Gallery

2017.09.26


本日は個展のお知らせです。
明日からGULI GULI Galleryにて「筆を持つ」展、始まります。

同じ場所で同じタイトルで展示をしてから一年半。

その間に国内外色々な場所での展示に挑戦してきましたが、
私にとって、GULI GULI Galleryは、原点に立ち返らせてくれる場です。
(さらに…)

1+

透明なヴェールを剥がす時 An Honest Painting

2017.09.19

約一週間後に個展が始まる。

ということで、今日は
制作中やその合間に気づいた言葉の中から
今の私にとって最もしっくりきているメモを
シェアします。

《良い絵を描こうとするのではなく
ただただHONESTな絵を描きたい。》

良い絵を描こうとするとき
そこにはエゴが入り込む。

「うまいと思われたい」
「すごいと思われたい」

それはつまるところ
矢印が自分に向いているということ。

その一方で、HONEST(正直)な絵は
ただ、純粋に世界を眺め、感じたままに
描いた絵。

そのときに描いた絵は
うまいもヘタもない。

それは、なんというか、
もっとスーッと入ってくるもの。

とにかく、今は
余分なものをそぎ落として
直前まで準備を進めていきます。

個展の詳細はこちらです。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
2017.9.19 Tuesday(*KAYO-BI)
Kayo Nomura
*KAYO-BI:毎週火曜日に更新しています。

2+
1 / 2012345...1020...最後 »