Dialogue Drawing お客様の声

村上カヨ子様 40代 WEBクリエーター

素晴らしい作品を描いていただき、心からありがとうございます。

たくさんの優しい色が重なる感じ、光に反射してキラキラ光る感じ、好きだな~嬉しいな~。やっぱり佳代さん、私の好きな感じをわかってくれてるな~と。

ウキウキ幸せな気持ちで絵をひとしきり眺めた後に、真っ白の美しい封筒を開けました。 佳代さんの勢いのあるエネルギーを感じる文字。 文章と絵を交互にゆっくり味わうように確かめながら、一語一語読み進めていくうちに、涙が溢れてきました。 なんでこんなにわかってくれてるのだろう、と。 嬉しくてありがたくて、佳代さんの優しさと、私に寄り添ってくださったたくさんの時間。 その全てがこの絵に凝縮されていると思うと、嬉し過ぎて上手く言葉にできません。

箱を開けた瞬間、優しい色合いに角度や反射でキラキラ光る感じが直感的にすごく好きって感じました。 そういう想いで描いていただいたのだな~って納得でした。 優しさやしなやかさ、たおやかさなど、派手ではないけれど、よくよく見るとと内面からキラキラが滲み出るような。
私自身がまさにそうありたいと思っているから。 この絵は、私のそうありたいと思うものも表現しもらっていて、それを佳代さんが感じて描いてくださったという事実に感動しています。

素晴らしい絵とお手紙。
心から感謝しています。
佳代さん、出会ってくれて本当にありがとうございます。

心からの感謝を込めて。

T.A.様 30代 フリーランス

どんな絵になるのだろうというわくわく感と、自分の内側を話し、聞いてもらえるうれしい感覚が相まって、絵が完成した頃には癒されて元気になっていました。

これからのなりたい自分についての絵なのですが、すぐ目につく場所に飾っています。その絵を見ながら、人と話すと、言葉に力が湧いてきます。自分にどんな変化が訪れるのか楽しみです。

定期的に今の自分を表現するため、また描いていただきたいなと思いました!
とっても上質な時間でした。ありがとうございました。

吉本さゆり様 50代 自営業

この度は、息子の高校卒業と新たなスタートへの想い。を形にしたくて、予てから機会があれぱ…と思っていた野村佳代さんのドローイングに参加させて頂きました。

息子は訳の分からないまま、お話が始まり話しながらサラサラと手が動いてゆく野村さんの指先。息子も感動しておりました。 出来上がった絵を見てまた感動。
その後、自分の想いが形になった絵を見て、心の中がスッキリとした様子。

良い時間ときっかけとなりました。 このような機会を頂けたことに心から感謝です。
一生の想い出となった日。 ありがとうございました。

S.T.様 30代 会社員

うまく言い表せないのですが、とても気持ちの良い、充実した時間でした。
好きな言葉から膨らんだ会話をもとにできた絵は、言葉だけでなく私の雰囲気や人物像を盛り込んでくださっているとのことで、唯一無二だと感じています。
野村さんご自身も、柔らかい中にパワフルさが感じられる魅力的な方で、初対面なのに構えることなくお話しできました。心が洗われた時間だったなと思います。
ありがとうございました。

J.M.様 30代 会社員

対話を通して自分の想いを表現して頂くという素敵な時間を過ごさせて頂きました。

話しながら込み上げてくる想いに涙しそうになりながら、その想いを吸い上げて絵という形あるものになる過程が証となり残っていく不思議な感覚でした。
対話する、人に想いを伝える、言葉にする、言葉を返してもらう、そんな過程が佳代さんを通して絵になっていく。 絵を描いて頂いている間も手元を見ていたはずなのに、いつの間にか出来上がっていて驚きました。 描いて頂いた絵を自宅で眺めると、見る角度、時間、陽の当たり具合など、その都度色が変わって見え、まるで佳代さんとの対話を続けているように感じます。

夢に向かって行動する、その1歩を後押しして頂いた絵を大切にします。 素敵な時間をありがとうございました。

マツムラハルカ様 30代 自営業

私自身は同じ年の秋に、オンラインで初めてダイアローグドローイングを受けさせていただきました。佳代さんと、画面越しでお話するだけでも、心が洗われるようでしたが、「佳代さんに会いたい!」「同じ空間で、佳代さんの手元で表現され生まれる色を見てみたい!」という気持ちが高まるばかりで。

この度は、またとないチャンス!お伺いできる場所でダイアローグドローイングを開催されるとのアナウンスに、「是非とも(小学生の)娘も同じ体験をしてほしい」と、すぐさま申込させていただきました。

娘は、画廊を出てからも、何度も佳代さんの絵を紙袋から大切そうに取り出して、「ここのこの色が好き。」「この水色がとっても綺麗。」「私が好きな水色。」「サインもかっこいい。」と、帰り道に何度も絵を眺めていました。 とても緊張していたようですが、またあのような時間を過ごしたいと、

今まで見たことのない表情を見せてくれました。 帰宅するなり、一番に絵を取り出して、リビングの一番目に入るところに飾って、うっとりしています。 私も、憧れの方とお会いできるのは、人生でもとても豊かで幸せな瞬間だと強く感じ、その日は心がホクホクしていました。

それにしても、佳代さんのお顔のサイズは小さかった!笑 佳代さんは私のパワースポットです。今後ともどうぞよろしくお願いします♡

S.M.様 30代 セラピスト

Fushime Drawingを受けられたことは必然で、本当によかったと感謝しています。

抽象的になりますが、作品を通して共有された言葉やエネルギーがすすぎ、洗い流され、私たちが本来もっている“純粋”にチューニングされるように感じています。

対話から生まれた作品がこちらに届くこと。
私にとって過去を終わらせ、今何か新しく始まる合図のような行為でした。

既存の枠から距離をおき「自然とともに生きていきたい」というこころが感じる豊さを尊重しようと決められました。描いてくださった作品は美しく息を感じています。

私たちのそばで、一瞬一瞬の移り変わりを照らす道しるべのような存在です。 ありがとうございました。

Y.Y.様 30代 フリーランス

これまで、どちらかというとドラマチックな人生を歩んできたと思います。人生の節目も大きなものから小さなものまで、何度か経験してきました。その度に自問自答を繰り返し、自分のことはよく理解しているつもりでした。そんな私にとって野村佳代さんのFushime Drawingは、「やっぱりこれでよかったんだ」とこれまでの自分を肯定すると同 時に、「こんな私もいいな」と、まだ見ぬ自分まで好きになれる、未来への高揚感を感じる、そんな体験になったと思います。

今回、Fushime Drawingをお願いしたのは、フリーランスとして仕事をしていこうと決めた自分の背中を、もうひと押ししてほしかったから。そして、この決意を形にしてもらえれば、この先どんな道を歩もうとも、スタート地点でのこの気持ちに立ち返ることができると思ったからです。じっくりと、たまに寄り道しながらの対話を終えて、私のもとに届いた作品は、躍動感に溢れ、エネルギーのぶつかり合いによってさらなる力を生み出すような、それはそれは生命力に満ちた絵でした。もともと自分のことを心身のエネルギーが少ない人間だと認識していたので、私の中にこんな活力を見出してもらえたことが衝撃であり、新しい道に進む資格が私にはあるんだと言ってもらえたような、挑戦する勇気をあらためてもらった、そんな作品です。


他者の目を通して自分を見つめ、そして本当の自分・新しい自分・なりたい自分と出会う 。それが私にとってのFushime Drawingでした。未知の世界へと向かうエネルギーを形にしてくれた野村佳代さんに、心から感謝いたします。

I.K. 様 40代 会社員

ずっと前から、希望していた野村さんのdialogue drawingにようやく機会を得ました。

自分の大事にしている言葉をきっかけにして、野村さんとお話ししていくうちに、
忘れていたできごとを思い出したり、
ずっと思っていたけれどうまく言葉にできていなかったことの言語化ができたり、
思考がクリアになっていく感覚を得ました。

描いているさまも、使用する道具や手法など興味深く拝見いたしました。

私のために描かれた作品は、息をするようにリビングに馴染んで、
私を見守ってくれています。

T.E.様 30代 イラストレーター

(オンライン)

創作活動を続けてゆく上で、 お守りとなるような存在がほしいと思い お願いさせて頂きました。 かよさんと、お話をはじめると 自分の創作活動の原点から、今に至るまでの うれしかったことや悲しかったこと、 様々なできごとについて自然とお話をしていました。 そして、かよさんはその話に耳を傾けながら ゆっくりと筆を動かしはじめ、 最後にはキャンバスいっぱいに 色とりどりのしゃぼん玉があふれていました。    

私は、翌日に届いた絵を、すぐには封筒から出しませんでした。 晴れた日にお気に入りの芝生の上で はじめて手にとって、味わいたかったからです。 そして週末、その時が訪れました。 ぽかぽかとあたたかな太陽の光りに包まれながら 目にした しゃぼん玉の絵は、 きらきらと輝いていて 「色々あるかもしれないけれど、明るい方向に気持ちを向けて 作品作りを続けていったら大丈夫」 …と心から思えました。    

絵を眺める度に、かよさんとのお話を思い出しながら、 自分にまるをつけながら、今後も制作を続けてゆきます。 ありがとうございました!

I.S.様 40代 自営業

人生の節目にお願いした FUSHIME DRAWING 。ぼくの話をkayoさんにぐっと深く聞い ていただいて数日後に、「一気に描きました。無音の中」「不思議な感覚でした。一気 に、一瞬に、出来上がりました」と連絡が来て。指定配達日に思いがけず大きな荷物が届 いて、驚き半分ワクワク半分で開封。それは、白地の余白が広く取られたシンプルな絵で した。想像していたものだったと言える気もするし、全くの想像外だったような気もしま す。

そしてそこには、kayoさんの丁寧なお手紙が添えられていて、じわっと胸に来たのをよく 憶えています。魂を注いでくれたんだなぁと思って。「余白の多さは、これからの可能 性、これから成し遂げる事業、といったものを示しています。余白にも意味がある」と書 いてありました。余白。まさにぼくの人生のテーマかもしれません。「にじ」と名付けら れたこの絵は、大切な家族と、根っことなるぼく自身の存在と、より良い社会・未来を展 開していくイメージを表しているとのこと。ぼくにとって新たなはじまりであり、これか らの可能性を示してくれているように思いました。

あれから半年が経ちました。「にじ」は仕事場にでーんと大切に飾ってあります。何があ っても何がなくとも「にじ」はいつも変わらずそこに佇んでくれている。この絵の存在に 知らず知らずのうちに勇気づけられ励まされている気がします。

kayoさん、ありがとう。これからますますのご活躍を祈念しています。

マツムラハルカ様 30代 自営業

(オンライン)

野村佳代さんを知るきっかけになったのは、一年ほど前、知り合いのコーチングの方から「素敵なアート作品を書いている方がいるんだよ」とインスタグラムを教えていただいてから。

絵を描いたり眺めたりするのは子どもの頃から好きだったけど、大人になってから、特に美術館に足を運ぶことは多くなかったほど、アートは遠のいていました。 だけど、野村さんの絵に魅かれ、次には野村さんの生い立ちに魅かれ、ライフスタイルに魅かれ。 なぜかどんどん魅了されていく感覚でした。

アートセッションや個展の開催は、機会を逃してしまい、そのままコロナの影響もあり、早く会いたい気持ちとは裏腹に、会えずに。 ふとHPを拝見し、オンラインでのドローイングをされているのを拝見し、すぐに申し込みました。 画面で見ていたかっこいい、凛とした女性のイメージの野村さんとは違い、オンラインでも伝わる柔らかさ、温かみ、さりげない可愛らしさ。(年下なのにごめんなさい。)

初対面とは思えないほど、私もスラスラ自分の奥底に眠っていた言葉が出てきたのは、野村さんの核心をついたご質問と、どんな言葉でも包み込むような野村さんの懐の深さが画面越しでも感じ取れたからです。 オンラインでも、手元を見せていただき、魔法のように模様と、色とが浮き上がっていく様子は、今まで感じたことのない感覚でした。

オンラインだからこそ、次もお会いしたいなぁ、お会いしたら、気持ちが舞い上がっちゃうなぁと、今から妄想が止まりません。笑 自分だけの絵が届くのが、とっても楽しみです。 本当に上質な時間をありがとうございました。

K.O.様 20代 会社員

HPでfushime drawingのことを知ったとき頭の中に思い浮かんだのは、もうすぐ誕生日を迎える大切なパートナーの顔でした。瞬間、これを誕生日プレゼントにしよう!と思い立ったのです。

常日頃から野村佳代さんのことを尊敬し、目標としている彼には誕生日当日まで、fushime drawingのことを秘密にしていました。zoomで話してもらいたい相手がいると言った後画面に野村さんが映ったときの彼の顔は一生忘れません。笑

驚きつつも、これまでの人生、苦悩、苦難、これからの先の人生、夢、理想を、真剣に語る彼と、真剣に聞く野村さんの姿をみていると、この時間がとても尊く、そしてすごく素敵なもののように感じました。

恥ずかしながら、私にとって芸術やアートといった世界は馴染みのあるものではありません。そんな私でも、完成した作品を目にしたとき色々な感情が心から溢れてきました。

ただ美しいだけではない、見ているだけで力が湧きそばにあるだけで前を向けるような、不思議な力をこの作品から感じます。そんな作品が、彼の想いを形にしたものだと考えるとより一層愛しく、そしてなぜか誇らしい気持ちになるのです。

この絵を見れば、私達はこの先何十年後もあの日の気持ちを思い出すことができます。野村さんの手によって不変となったこの想いと共にこれからの人生を進んでいきます。

本当にありがとうございました。

O.M. 様 40代 会社員

「朝、目が覚めた時に明るい方向を向ける絵を」。そうリクエストして描いてもらった絵は、思いがけず自分の内面への気づきと問いをくれる絵でした。

自分の中の「好き・嫌い」「良い・悪い」「美味しい・不味い」「美しい・醜い」「幸せ・不幸せ」「喜び・怒り」「光・影」、、、

そもそも、私が示した「明るい方向」とは、私が本当に望んでいるものなのか、と。

この絵を見ているとき、私は自分の内面を見ます。

表層的なことではなく、もう少し深いところに目を向けること。滋味深さを知ること、味わうこと。仄暗い中にいてなお、大切なものを見失わず、歩みをやめないこと。

野村さんの絵は、そのための力をくれます。また時にフラットな心を取り戻すきっかけをくれます。そしてそのオートクチュールな感覚を、私は朝に夕に感じるのです。

繊細な色のニュアンスや重なり、滲み。見逃してしまうくらい細やかに描かれた模様。一瞬を切り取ったような、それでいて今なお形を変えているようなフォルム。

野村さんの絵を眺めることは、好きな詩の一節に思いをめぐらせることに似た愉しみがあります。

日々の暮らしに溶け込みながらも、私の心の内側に語りかけてくれるこの絵は、私にとってとても大切な1枚となりました。

A.Y.様 30代 主婦

野村さんの事は最近インスタで知り、その素敵な色使いに一目惚れしました。
岡山で開催とのこと、急いで申し込みました。

おじゃますると、たくさんの画材が用意されていて、テンションがあがります。
少し人には言いにくい内容もありましたが、
アートを通すと、するすると話せてしまい、
それが野村さんの手により作品になっていくのがとても不思議でした。

出来上がった作品を眺めていると、心がスッと落ち着き、
お守りを手に入れたような感覚です。

野村さんにお会いするととても力が湧いてくる感じがします。
また機会があれば、お願いしたいです。
とても楽しい時間をありがとうございました!

N.M.様 40代 インテリアデザイナー

今日はありがとうございました!

帰ってしみじみと描いて頂いたアートを手にして
自分の本質を見える化して頂いたようで、

改めて己を振り返る、また進むヒントだと感じました。

私に馴染む色で構成されていることにも
不思議な感じでした。

またお会いできる日を楽しみにしています。

M.A. 様 40代

頂いた絵、感謝、寛容、だけじゃなくて、縁も円も、
冷静も情熱も、男女、知性理性、そしてバランス、
混じり合い、もう見れば見るほど
色々な意味が込められている気がして
ほんと素敵な絵を得たいてもらえて嬉しいです。

M.Y. 様 20代 保育士

Instagramでかよさんを知り、素敵な人柄が詰まったような色づかい 筆の自然な流れに心奪われました。

今回 京都で個展をされるということで、自身の誕生日が近いこともあり、思い切ってDialogue Drawingに申し込ませて頂きました。

対話をしながら自分の為に絵を描いて頂くなんて 初めての経験。
はじめは緊張でいっぱいだったのですが かよさんとお話していくうちにだんだんと緊張も解けていき、わたしの拙い言葉にも しっかりと優しく耳を傾けて下さって とても嬉しい気持ちになりました。

完成された絵を拝見した時 1時間という短い間に、初対面のわたしの事をこんなにも理解して表現して下さっていて 思わず泣きそうになったのを堪えるのに必死で·····

今のわたしにピッタリな タイトルも付けて頂いて、最高の誕生日プレゼントになりました。

わたしの前にされていた方が 同じく自身の誕生日プレゼントとして来られて居たようで、こんな素敵な偶然があるのかと 鳥肌をたてながら笑ったこれも かよさんのお力だなぁと奇跡のような出会いに胸がいっぱいでした。

人柄とセンスに惚れ惚れしているうちに あっという間に時間が過ぎていきましたが、言葉に表せないぐらいの思い出となりました。一生大切にします。
ほんとうにありがとうございました!

A.S.様 20代 会社員

ずっと予定が合わず参加できなかったのですが、今回やっと念願の機会を得ることができました。

もともと絵は好きでしたが、自分のために描いていただく絵は初めてで、その1時間はどきどきわくわく、そして
使われる色やデザインにそうそう!みたいな発見や共感もあり、本当に楽しませていただきました。

今回は姉の出産祝いに描いていただきましたが、姉夫婦もすごく気に入り大満足です。次回はぜひ自分用にお願いしたいです。

いろいろお話できたのもすごく楽しかったです!佳代さん、ありがとうございました。

Y.K.様 30代 会社員

かよさん、ありがとうございました!
絵を描いていただけてほんとによかった。

描いてもらった絵、何度も見返してます。

海と土地のようなものが見えてきて、相異なる性質の、
でも地球を構成しているすべてが含まれている感じがして拡がりを感じます。

二層の円環から繋がる前のそのバックグラウンドが
お互いを刺激し合う前提になっている感じがして
自分のco-inspirationのイメージに重なりました。

これから見るたびにまた違う示唆をもらうんだろうなって思います。