Art through Dialogue

対話とアート。

一見すると対極の位置付けにある、対話(言葉)とアート(イメージ)を行き来することが私の活動の軸です。

その源は、幼少期から現在に至るまで海外を含む様々な地域に住み、多様な人間模様を目の当たりにしたところから始まりました。様々な人種・年代の方と対話する中で、人の数だけ存在する、その人固有の物語の中に、どの人にも当てはまる普遍的な真理があると実感しました。

他者との価値観の相違や、同じ出来事に対する受け取る印象の違い。ひとつひとつの感覚や違和感を紐解き、自己対話を通して、言葉の裏にあるエネルギーを汲み取りながら絵画の世界で、それらを表現するようになりました。

人に限らず、滞在制作をする国や地域、今いる場の中に存在する空気感と会話することも対話の一部に含まれます。何故ならば私にとって対話とは、「今ここ」の全てに五感を澄ませ、意識を集中することに他ならないからです。

‘今’に意識を集中し、言葉とその奥にあるエネルギーや、人や空間全てとの
『「対話」から生まれるアート』
Art Through Dialogue

Journal

個展終了報告 // 命の循環-Cycle of Life-

  2020年初の個展は名古屋のhase galleryからスタートしました。 名古屋生まれの私にとって、地元で展示をすることは背筋の伸びる気持ちでした。 懐かしの同級生、習い事の友達など長くお付き合いのある方…

Exhibition

個展終了報告//花と言葉と絵の展示 Hyaque

三連休の最終日、お花屋さん百会での展示終了しました。 初めての空間での展示、布に描くという試み、お花と言葉とのコラボ。 どんな展示にできるのか、 ドキドキとワクワクが交差しながらのスタートでしたが、 蓋を開けてみたら、こ…

個展終了報告 // 命の循環-Cycle of Life-

  2020年初の個展は名古屋のhase galleryからスタートしました。 名古屋生まれの私にとって、地元で展示をすることは背筋の伸びる気持ちでした。 懐かしの同級生、習い事の友達など長くお付き合いのある方…

Dialogue Drawing®

Dialogue Drawing®は、対話を通してあなたの絵を、野村佳代がライブで描いていくアートセッションです。

今大事にしている言葉や想い、なぜか惹かれる色を伝えてもらいます。

そこからあなたの「今」を作品に表現していきます。

対話の中から生まれてくるものが、目の前で色や形を変えながら完成していく、世界にひとつだけの芸術作品です。

Art Dialogue Session

誰もが人生のアーティストだと私は信じています。
どの方の人生も独自でユニークで、芸術的。

本来、そのままで完璧なはずのあなたがかすんでみえる時。
それはきっと、誰かと比較し、自分の足りない部分ばかりに目がいっている時。

Art Dialogue セッションは、アートとダイアローグ(対話)を組み合わせ、
双方のアプローチで自分自身に気づく力を促します。

それを通して、ありのままの自分を見る目を取り戻し、
本来の自分を生きるきっかけを提供します。

Workshop

本ワークショップでは、絵を描くことと同じぐらい、対話を大切にします。

まずワークシートを使ってご自身と対話をしながら、ワークショップのテーマに合わせて描きたい内容を掘り下げて整理していきます。
そこから浮かび上がったキーワードやイメージをもとに、「それって一体どんな色?」「どんな形?」とさらに対話を続けながら、様々な画材で描いてくプロセスを踏みます。

「対話から生まれるアート」をコンセプトに展開するワークショップは右脳と左脳の両方を使います。自分と向き合う時間を持ちながら自由に自分の表現を作品にしていく、大人向けのワークショップです。