時間を区切る生き方 Life as a Journey

2019.07.02

2019年の上半期が終わった。

月が切り替わると、時間の感覚がピシッと引き締まる。

月の始まりに感じていたフレッシュな空気感が、中頃にはダレて、
終わりになると「あ、もう今月が終わってしまう」という循環の
中で、毎月1日がくると気持ちが新たになりやすい。

一年という単位を取っても同じだ。

一年の始まりには「今年こそはこれをするぞ」とか「今年はこんな年にする」
など抱負や挑戦を掲げるが、1月、2月と進んでいく中で、目標のことよりも
日常の雑事や忙しさにかまけて、12月に入ると慌て出す。

(さらに…)

2+

台湾・台北のくつろげるカフェ+台南 Cafe in Taipei

2019.06.25

台湾ではひたすら町歩き→カフェ→町歩き→カフェ
とぐるぐると回っています。

今回の旅の一番の目的は、
次に進むための思考の整理。

観光名所を回るよりも、
その土地の日常に溶け込んで
自分と自由に向き合う時間を持つために
私は旅に出るのかもしれない。
(さらに…)

3+

棚卸しのために異国の地へ Off to Taiwan to Unwind

2019.06.18

突然ですが、台湾に来ています。

今年前半の展示やイベントが終わった自分へのご褒美として。そして、
後半に向けてのプランニングやゆっくりと思考の整理をするために。

「そんなの別に日本にいても、できることじゃない?」
と言われそう。そして、実際、おっしゃる通り。

でも、言葉や空気、環境をまるっきり変えることで
より、自分と自由に向きあることが可能になる。

少なくとも、私の場合は、そうだから、
敢えて飛行機に乗って、他国へ行く。
(さらに…)

1+

絵と言葉を行き来する Art and Language

2019.06.11

今週のKayo-bi Journalは
先週の「絵と言葉の考察」
についての続きです。

////
絵を描く行為は、
言葉とは異なる手段を
手にいれる方法でもある
////

昨日を持ちまして、個展「日々のたね」は終了したのですが
その中でも、やはり、感じたことは、絵と言葉のリンクについて。

(さらに…)

4+

アーティストトークを終えて Art and Talk

2019.06.04

5月30日から始まった神戸展「日々のたね」。
週末オープニングレセプション及びアーティストトークを開催しました。

対談役を務めてくださったのは
ギャラリーオーナーの濱さん。

(さらに…)

4+