旅をする理由-その2- Outside Studio

2018.10.02

今回のKAYO-BI JOURNALは、先週の続きです。

ギリシャのサントリーニ島から再びイタリアに戻り、ポルトフィーノという港町に立ち寄り、
現在は、スイスの国境沿いのコモ湖に来ています。

早速ですが、いきなり結論です。
旅をする理由の2つ目は野外制作をするため、です。

日本ではいつも、室内にあるアトリエで描いています。
完備された空調と必要な画材が全て揃っている環境がそこにはある。

でも、窓から見える景色はお世辞にも美しいとは言い難い。
煙突のような電柱と黒い電線。
まとまりのない色彩と形の家やマンション。
コンクリートの車道とほとんど緑のない歩道。

かたや、ヨーロッパの景観は、それはもう、眺めているだけで
ワクワクするように色彩感覚と統一感です。

フィレンツェは全体的に赤色と茶色が混じったような色合い。
いたるところに木が植えられ、花が咲いています。

サントリーニは真っ白な建物と澄んだ美しい海が
どこまでも続いていく景色。

外に出ると太陽がさんさんと照っていて、
日陰に入るとひんやりと涼しい。
時より吹くそよ風がなんとも気持ちいい。

ダメだと言われても
外で描きたくなるものです。

と、前置きが長くなりましたが
上記の理由で、自然と外で制作をしたくなるものの、
野外制作をすることで得られるものって具体的に何だろう?
なんで、野外制作に心がときめくのだろう?

これを言語化した内容を今回お届けします。
絵を描く時だけでなく、何の仕事にも活かせるエッセンスを抽出する気持ちで書きました。
(さらに…)

2+

旅をする理由-その1- Jump Out of the Box

2018.09.25

現在、制作旅行のためにギリシャのサントリーニに来ています。

今回の旅は、まずフィレンツェに入り、そこからタオルミーナ、
そして今、サントリーニ。

人によって旅に出る理由って様々だと思うし、
どこに行くかについても、それぞれ好みがわかれるところ。

これから何回かに分けて、
旅に出ることについての考察をしていきます。 (さらに…)

2+

安室奈美恵から学ぶ生きる姿勢

2018.09.18


安室奈美恵さんが
2018年9月16日をもって引退しました。

平成の歌姫と呼ばれた彼女は
昨年9月に1年後の引退の発表をし、
同年11月にラストアルバムとなる
”Finally”をリリース、ダブルミリオンを達成。
今年2月にスタートしたツアーは動員数80万人を超え、
その軌跡を辿ったDVDもミリオンセラーに。
(さらに…)

4+

言葉とアートが理解を育む Art and Dialouge

2018.09.11

名刺よりも少し情報量の多いフライヤーを作成しました。
私の活動の軸「対話(言葉)」にフォーカスした内容を案内しています。
– Dialogue Drawing
– Soul Art Coaching
の2つです。

どちらも、言葉と絵、の両輪を軸にしています。

絵と言葉。
一見真逆にあるこの2つのものは、
実は互いに支えあって成立している
と私は確信しています。

(さらに…)

3+

台風の脅威から感じた、あるがままの自分 Dropping Everything

2018.09.04


台風直撃の大自然の脅威を
肌で感じながら感じたこと。

いろいろなものを
足していくことって
大事だ。

知識だったり、
経験だったり、
能力だったり。

その一方で、潔くそぎ落としていく時期も
同じように大事なのではないか、と思ったのだ。 (さらに…)

2+
3 / 16012345...102030...最後 »