「タクシーに乗った男」からの教訓と、絵の役割について What is Art?

2017.02.14

個展が終わった時に、ある物語を思い出した。

村上春樹の短編小説「回転木馬のデッド・ヒート」。
この小説は、完全なるフィクションでもなければ
ノンフィクションでもない、その狭間に位置する物語。
その中に出てくる「タクシーに乗った男」は、村上春樹がペンネームを使って
小さな美術誌のために画廊探訪のような仕事をしていた時に出会った、
ある画廊のオーナーがニューヨークで出会った作品についての話。 (さらに…)

4+

本当の問い The Bottom Line

2017.02.07

IMG_6941
立春も過ぎて、また、新しい気持ちでスタートした2017年。
そのスタート日の2月4日から始まった、
「繋ぐTsu.Na.Gu.」展。
あっという間にもうすぐ折り返し地点です。
始まってからの数日間の中で多くの方とお会いし、
お話をする中で、共通して頂く質問について、
今日は記していきます。
頂く質問は大きく分けて2つ。
(さらに…)

3+

2つの挑戦と立春からのスタート To Keep on Challenging

2017.01.31

IMG_6930
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
今回のKAYO-BIも、前回に引き続き
2017年2月4日 – 2月12日まで開催される個展
「繋ぐ Tsu. Na. Gu」のストーリーをお届け中。
詳細はnewsへ。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
絵を描くということは、つくづく思う、
自分と向き合うことだということを。
どうしてそう思うかというと、
「その時」のリアルな自分が
どうしても出てしまうからだ。
それは、把握しているもの以外のものも含めて、だ。
 
●無意識を引き出させる行為
‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾ (さらに…)

5+

アンテナの向かい道 Road to You

2017.01.24

IMG_6419
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
今回のKAYO-BIも、前回に引き続き
2017年2月4日 – 2月12日まで開催される個展
「繋ぐ Tsu. Na. Gu」のストーリーをお届け中。
詳細はnewsへ。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
iki ESPRESSOで働いている通称トモさん。
彼との出会いは両国のCAFE 「」BLANK
ここの会社に勤めている知り合いがいて、
そこでカフェをした時に、たまたま、
その日店番をしていたトモさんに出会ったのだ。
当初彼は、カフェ事業にそこまで興味がなかったらしいのだが、
バリスタを目指す、という目標ができた時に、
紆余曲折の末、CAFE「」BLANKを卒業し、
iki ESPRESSOで働くようになった。
(といっても、ダブルワークをしているので、ここだけでなく) (さらに…)

6+

「繋ぐ」という意志と、そこから始まる物語 Where Dots Becomes a Story

2017.01.17

unnamed
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
今回のKAYO-BIは
2017年2月4日 – 2月12日まで開催される個展
「繋ぐ Tsu. Na. Gu」のストーリーをお届け中。
詳細はnewsへ。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
個展を決める際に苦労することは沢山あるが、
その中でも、個展名をつけるのはひときわ苦労する。
会場を見て、
会場の雰囲気を感じて、
(できることなら、朝と昼と夜、それぞれの空気を)
その上で、お店のスタッフやオーナーさんと話をして、
場の状態を立体的に感じられた時に初めて
「この個展名で行こう」と思える。
来月2月4日から始まる
個展名は「繋ぐ」
(さらに…)

5+