A.K.様 20代 書家

今の自分を描いてもらいたい!
そう願っていると、タイミング良く参加することができました。
佳代さんとの対話の中でひとつの作品が完成していく。
とても心地良い時間でした。
こんなにも自分を見つめることができたのは初めてかもしれません。
絵が完成した頃には、とても心がすっきりとしていました。
この絵を見ると前向きに進んでいこうという気持ちを思い出すことができます。
まるで絵の中に自分が生きているかのようです。
夢を叶えた時、自分がどう変わっているのか、また描いてもらいたいです。

K.A.様、40代、コーチ

言葉はひとりで考えついたものだったのですが、
好きな色遣いや風景はふたりで佳代さんにお伝えしました。

ひとりよりも、ふたりだから成せることがあるんじゃないかな。
そして、ふたりだから成せることが、
もっともっと、私たちふたりと出会う方たちの間にも広がっていけば良いな。
そんな思いを込めた大切な言葉です。

続きを読む

佳代さんの身体を通して、言葉の持っていた力がさらに引き出されました。
言葉を紡いだ私自身も見出していなかったインスピレーションを得て、
自由で伸びやかで、素朴だけれど、豊かで愛おしい世界が創られました。

この絵の世界は、ここだけに留まらず、緩やかに拡大していくものでもあります。

私の中で生まれた、言葉・・・
私たち夫婦の中で生まれた、言葉と色遣いと風景・・・
私たち夫婦と佳代さんの中で生まれた、一枚の絵・・・

そして、今、これをご覧になられているあなたの中で生まれるイメージ・・・

そこまで想像すると、無限の豊かさを感じられます。

Dialogue Drawing(対話から生まれる描画)は
豊かさの循環の中に入り込める素敵な体験を与えてくれました。
佳代さん、ありがとうございます。

福井久様、40代、心理セラピスト/カウンセラー

かよさんがこの“DIALOGUE DRAWING”を企画していらっしゃることは前々から認識していました。私はもともと“絵”に魅かれることなく、ただ綺麗な絵を見て、“綺麗だな”って思う程度でした。
ただ、画家さんのその“人となり”が何となく理解した人がその表現手段である“絵”を使って、どのように表現するのか、とても興味がありました。そして、以前から何度か申し込みを試みていましたが、募集開始とともにすぐに満席になるので、今回、やっとたどり着けた感じです。私がかよさんに事前にお渡ししたキーワード“禍福一如”;幸せも不幸のおなじ。これをどのように表現されるのか、私としては興味津々でした。
それで、当日、

続きを読む

私がこの言葉を大切にするに至ったストーリーをお話ししていて、かよさんが何かを感じ取ってくれた瞬間があったと思います。その瞬間から後は、一切迷いがない、感じでした。一心不乱って感じです。とても不思議な時間でした。
改めて、今、この絵を見た時、私がクライアント様にお会いする時に様々なお話しを伺って、感情が揺らされることがあります。しかし、この絵を見て、自分自身を禍福一如;中庸にリセットすることが出来るように感じます。
そして、この絵を見るたびに、自分自身の原点に戻れるような気がします。

大橋幸恵様 50代 病院勤務

好きな言葉
大事な言葉

改めて自分の中にある、言葉を探っていきました。
『私』は、どんな色?
『わたし』は、どんなイメージ?
相手に映る『私』は、どんな感じ?

続きを読む

どんなイメージでも受け入れて、私を認めよう。

佳代さんに映った『私』は、私の心を優しく包み、そして癒してくれました。

そこにいる『私』は、私の自信になりました。

佳代さんとのご縁と、佳代さんに描かれた『私』に出会えて感謝します。

T.N.様 40代 メンタルコーチ

絵を描いてもらった。
僕の心の絵。

2か月前。離婚で苦しかった時、でも何か光が見えて、ゆっくりだけど歩き始めてた時。この気持ちを何かに残したかった。そんな時に「Dialogue Drawing」に出会った。

画家の野村佳代さんが、僕と対話しながら、僕から感じたものを目の前で絵にしてくれる。もう一人の自分が生まれるようで、感動以外の何物でもなかった。

続きを読む

写真で残す思い出もいいけど、絵に「今・現在の心」を意味づけして残すのも素敵だと思う!
僕の一生の宝になった。

本当に出会えてよかった!

R.K.様 20代 フラワーデザイナー

本当に素敵な時間をありがとうございました。
絵が変化していく姿に引き込まれて、
職業柄、色を扱い形にするという過程がとてもとても興味深くかつ新鮮で。
楕円のように見え、動きのある作品。

続きを読む

なんとなく、自分の性格がでているように感じました。
佳代さんの絵は見るたびに発見があるような繊細な絵。
朝の大切なコーヒーを淹れるカウンター前に飾らせていただきました。
毎朝小さな世界の発見をするのが楽しみです。

自分の年齢と感覚ともに変化をしていく佳代さんの絵をまた描いて頂きたいと感じたあっという間の1時間でした。


野水ひまり様 30代 セラピスト/教員

かよちゃんに話を聞いてもらうと不思議と肩の力が抜けて、自分の奥に眠っているものや、いままさに自分が葛藤していることがスルスルと言語化されていきました。そして、いまの自分の姿や状態を改めて認識させてもらい、大きな気付きをいただけました。

いまの私は「本来の自分を出したい。でも怖い。でも……。」という葛藤の中います。でも、かよちゃんはそこの部分ではなく、既に溢れ出てきている「私」を色や光の粒(ドット)で表現してくれたそうです。こんなにきれいな色だと感じてもらえたことがとても嬉しく、また、成長の兆しの部分に気付いてもらえてそれを絵にしてもらえたことが有り難かったです。

いまはまだ、溢れ出す色の粒の量が少ないですが、毎日この絵を見ながら「次に描いてもらう時までに、この枠(紙)からはみ出すくらいの自分になるぞ!」と思い、この絵が自分を律する役目を果たしてくれています。

自分のありのままの姿を、大好きなかよちゃんに描いてもらえる、しかも製作過程が見られる…!!という、とっても幸せな時間でした。

N.K.様 40代 デザイナー

「青い怒りの炎」
怒りの裏側にあるものは不安や恐れ、悲しみだったり、寂しさだったり、、
だけどそこにあるのはただの感情。
ただ感情だけがそこにあるだけなんだ。
深呼吸をして自分の内側に戻ろう。
静かに揺れる青い炎の中にある本当の気持ち、小さな種(細胞)を開花させよう。

新居に飾るに相応しいパートナーシップをイメージして描いていただきました。

続きを読む

きれいな青使いで幾重にも色を重ねていく様子をずっと見ていました。
よく見ると小さなつぶつぶがあったり、キラキラしていたりします。

密集した状態からパーっと花開くような、揺らめく炎の様なイメージでとても気に入りました。
珊瑚やイソギンチャク、大きな木や森の様にも見えます。

絵を描いている時に屋久島の話をしていたからか、見てるとグリーンも恋しくなります。

なんかとてもスッキリした気分になりました(*^^*)ステキな体験をさせていただいて感謝です!

K.K.様 30代 販売員

はじめて佳代さんの絵を見たとき、なぜこんなにも引き込まれるのだろか、そんな感情が私の中に湧いていました。それからずっとこのセッションが気になっていました。描いてもらいたいなぁと思い続けていたところ、ついにチャンス到来!今の自分を絵にしてくれる。客観的に私はどう見えているのかな?と素直に興味がありいろんな想像をしながらワクワクしていました。

お伝えした言葉は「あるがまま」「本当の自分と繋がる」でした。

最近の私は仕事の事やこれからの先の人生をどう生きるか真剣に考えることが多かったので、自然とこのセッションから気づきを求めていたのかもしれません。

佳代さんと色々な話をしながらいつの間にか1時間!あっという間に筆が進み一枚の絵が完成!佳代さんとの対話を進めているうちに、確信を突く質問にハッとさせられる自分がいました。

この絵にタイトルをつけてもらいました。

続きを読む

「活きる」

まさに、私が求めていた言葉でした。

これからは自分を活かす生き方をする。

自分の心の深い部分と繋がり、自分らしく活きる。今、自分はその時期に来ていること。

そんな決意を感じられる1枚になりました。

これからどんな自分になっていくのか、とても楽しみです。

佳代さんと心地よい空間で、素敵な時間を一緒に過ごせた事に感謝です。

柴田純治・志帆様 30代 コーチ・システムコーチ/ファシリテーター

かよちゃんからDialogue Drawingの話を聞いた時から、
対話を大切にしている私たち夫婦を是非描いて貰いたいと楽しみにしていました。

対話から紡がれる、私たちらしい色、形、エネルギーが細部にわたり繊細かつ大胆にどんどん表現されていくプロセスを見ながら、GULIGULIという心地よい空間で過ごせた時間そのものが豊かな時間でした。

自分の中にあるもの、ストーリーを、いいこと悪いこと含め全部自然に話せました。スッキリとし、改めて私たちらしさを知り、またここから歩んでいける気持ちになりました。

かよちゃんが、初めは独立した2人をイメージしていたけど、話を聴いていくうちに融合され1つになったと言ってくれたのが印象的でした。

1 / 41234