Art Dialogue Session お客様の声

S.I.様 40代 プロジェクト・デザイナー

■セッションについて/アートについて

これからどう生きていくのか、何をしていくのかを見直す転機にぼくは置かれていた。そして、 そうした難局に伴走してくれるパートナーとなってくれるコーチを探していた。そのときに出会っ たのが、KayoさんのSoul Art Co+chingである。

それまでに一度だけ彼女の展示会に行ったことがあった。美しい色合いの、澄んだ作品群がとても印象に残っていた。その彼女がコーチング・セッションに加えて、その場で得られたインスピレーションをもとに、そのクライアントのためだけにアート作品を描いてくれるという。

自らの胸の内側にあるもやもやとしたカタチになる前のイメージを具体化していくのに、これ以 上の相手はいないのではないかとぼくは直感した。ぼくという人間が、Kayoさんにどのように表 現されるのかにまず興味を持った。これまで認識していなかった自分に出会えるかもしれないとい う予感があった。さらに、そのアート作品を自らの傍らに置き、ある種の対話をすることで、セッションとセッションとの間にも自己理解が進んでいくかもしれない。アートは人間の深層に働きかける力をもっている。

1度のエクストラ・セッションを要望させてもらい、全6回のセッションを終えた。振り返ってみ て、あっという間だったように感じる。伴走してもらった結果、ぼくはそのとき向き合わねばなら なかったテーマをやり遂げ、今は新たな局面に挑んでいる。

Kayoさんはとても聡明な方だと思う。自らが陥りかけていた危機に気づき、賢明にそれを回避 できたのは、彼女がいい意味で醒めた眼で関わってくれたおかげだと思っている。 アート作品に関しては、言うまでもない。多大なインパクトをぼくにもたらしてくれた。アート は解釈が自由な媒体である。それらのポストカードは、ぼくの言葉になる前のイメージ世界を現し ていた。セッション期間中、毎日数分そのポストカードを眺めながら、ぼくは自らの内面のモヤモ ヤにあるまとまりを生み出そうとしていたのだと思う。

KayoさんとのSoul Art Coachingはいったん終了したが、都合4枚のポストカードは今もぼく の手元にある。そして相変わらずぼくは日々それらを眺め、それらに励まされながら、新たなチャ レンジに挑んでいるのである。

S.M.様 40代 パーソナルコーチ

▪️セッションについて
とてもぐるぐるしてしまうテーマに対して丁寧に寄り添ってもらって嬉しかったです。行動も具体的で計測可能な形まで落とし込んでもらえたので、少しずつ向き合っていきます。セッション中は比較的思考に寄った進め方だったなと感じました。

▪️アート作品について
見るたびに腹をぐるぐるかきまわされるような感覚があります。行動に(喜びから)移すことが課題なので、徐々に効いてきそうな気がします。今は、気づいた時に見る、という感じなので、いつでも目に入るところに置くのが良さそうだと思いました。

M.K.様 40代 保育士

▪️セッションについて
話しながら”そうだよなぁ”と気づくところがあり、質問のおかげだと思います!
終わっても出来上がった作品を飾れるので、自分のなっから出た作品と思うと、とても愛着がわき、作品の中にある可能性や、私には作品の色や形が動いているように思えるので、今後この作品がどういう風に変化してゆくか、を想像する楽しみもあります。

▪️アート作品について
直感的に”今が変化の時なんだなぁ”ということは作品からも受け取れます。
ターコイズブルーのスカートがほしいt思ってイメージしていたターコイズブルーのような色が使われていて驚きました。この作品が動いているように思えるので、どう動いてゆくとイメージするのかってところがとても興味深いです。

K.Y.様 40代 英会話インストラクター

▪️セッションについて
ちょうど転換期を迎えている時にコーチングセッションをお願いしました。
色んなことが一度に起き混乱していたのですが、その私の話を「面白い!」と
思ってもらえている気がして、だんだん楽しいおしゃべりをしている感覚になっ
ていました。セッションの終わりには、自分の混乱の経緯や理由がはっきりして、
現在地の自分にOKが出せ、次に向かえるような気持ちが整いました。

▪️アート作品について
日頃芸術には無頓着で、解説を読んで作品を理解しようとすることがほとんどですが、
今回作品を手にしたときには、言葉というより、感覚だけでした。
「これ、好き」という感覚と「力強さ」「これから」という言葉に近い感覚です。
個人的にはこれまでにない感覚で、とても不思議な体験でした。
額装して頂いた原画を玄関に飾り、そして原画の写真を携帯電話の待ち受けにして、1か月。
意識的に見ることはないのですが、目に入るたび、どこか最初の感覚が持ててい
る気がします。とても興味深い…