• うまく描くことよりも、自分らしく描くこと
  • 今に集中し、自分とつながること
  • 純粋に表現したいという欲求と解き放つこと
    を大事にしているワークショップです。

絵を描くことは、自分の心を知るためのきっかけになります。

言葉ではどうしても伝えられない感情や感覚を、色や形で表現していくことを通して、より素直な自分に出会うことができたり、心の平穏を取り戻せたり。ワークショップを体験した後は、日常が少し違ってみえるかもしれません。

募集中のワークショップ詳細

想いを描くLetter Art Workshop
描く手紙講座

日付:7月14日(日)
時間:10:00-12:00
定員:8名
場所:Galulu House
詳細はお申込みいただいた方にご連絡いたします 
(最寄り駅:阪神西宮駅)

   

**お申し込み終了いたしました。

日々のたねを描くWorkshop
描く手紙講座

日付:6月1日(土)
時間:12:00-14:00
定員:10名
場所:Sanseido Gallery
神戸市中央区三宮町3-1-6


   

**満席につきお申し込み終了いたしました。

Omamori Letter Workshop
描く手紙講座

日付:9月7日(土)
時間:14:00-16:00
参加費:4,000円(画材費込み)
    *ワンドリンクオーダーお願いします。
定員:6名
場所:世田谷百貨店
   (東京都世田谷区世田谷2-2-8)

**8月6日から申し込み開始。

詳細とお申し込み方法

【お申し込み方法】

  • 1. お名前、
  • 2. 携帯電話番号、
  • 3. ご希望のワークショップ、
  • 4. ご希望のお日にち、

の4点をご明記の上、CONTACT FORM にご記入ください。

*お申し込みいただきましてから 24時間以内にご返信いたします。

*先着順となりますので、ご希望の日時を取れない可能性があります。

*キャンセルにつきましては前日のキャンセルは半額、当日のキャンセルは全額ご負担ください。

*他の方のご迷惑となりますので、時間厳守でお越しくださいますよう、お願いいたします。

*当日は汚れても良い服装でいらしてください。

参加者の声

M.K.様 30代

佳代さんのことを知ったのは、Facebookで芸術家支援プラットフォームmeceloの広告からでした。

インタビュー記事のタイトル「光と影、多様性と普遍性、強さと弱さ ー 相反する要素をテーマに “人間” を表現し続けていきたい」という言葉にとても共振し読み進めていると、絵に対する経緯や、さまざまな経験を経て“好きなこと”を選んで生きることを決心された人生観にも、共感と勇気を抱きました。

どんな絵を描かれているのかなと思っていた矢先、記事の途中に絵の写真が挿入されていて…ハッとさせられました。

すぐに直接観てみたいと思い、突然ご連絡までさせていただき…そこで今回の展示会とワークショップのことを知り、参加しました。

続きを読む

絵に関しては苦手意識があり、緊張もしていたのですが、2人で交互に絵を描くワークを機に、気持ちが解れていきました。

“うまく描かなきゃ” “うまく描けないから…”ということで苦手意識を持ってしまっていたけれど、絵(アート)に正解はなく、自由に楽しみながら描いていいんだと感じられたことが、とても嬉しかったです。

紙や画材、環境や自分の調子など…偶発性を受け入れて、そこから模索していくー手が動いてくれるような感覚の作業が楽しく、人生にも通じるなと思いました。

自然に委ねる、あるものを活かして楽しむ、自分を知る…など。今回のワークショップを通じて、絵だけではなく自分の目指したい生き方についても改めて確認することができました。

貴重な体験の機会をくださり、本当にありがとうございました。
これからも素敵な作品を楽しみにしています。

Letter Art

今村仁様 30代

クレパス・絵の具・インク。
およそ20年ぶり。

私は言語化で表現し、伝えることが好きなのですが、
視覚で表現する楽しさも体験できればと思って参加しました。

音からイメージされたものを
言語化するのではなく、視覚化で表現するのは初めての体験。

続きを読む

「昔から絵が苦手だなぁ」、とか
「どう描けばいいのだろうか?」という考えを一旦忘れ
想いのままに表現することって面白いなと実感。

一緒に参加されていた方の作品を見せていただいたり
感じたこと・思ったことを共有する時間も貴重でした。

同じ音(インプット)があっても
全く違う色や絵(アウトプット)になるのが不思議。
自分とは全く違う感性にふれられたのも大変貴重な時間でした。

・表現方法は自由
・自分自身との対話や感覚を大事にする
・絵のテクニック以上に、好きなように表現すること。

今回のワークショップを通じて
野村佳代さんは絵を描くアーティストでもあり、
場が明るく楽しい雰囲気になる空間作りのプロだなぁと改めて思いました!

Letter Art

J.K.様 30代

初の野村さんのワークショップに参加させていただきありがとうございました!

音を線と色で表現するというのは初めてではなく昔中学生の授業でもやったことがあったのですが、その当時はどう表現したらいいのか分からず肩肘ばかり張って悶々と描いてしまい、全然楽めていませんでした。もちろんその作品が好きになれるはずもありません。
正直美術の授業には苦手意識すらありました。

続きを読む

しかし、今回のワークショップでは違いました。
野村さんのノビノビとした作品達に囲まれながら画材を触ってると、不思議と自分も自由に表現してもいいんだって気持ちになり、周りの目を気にする自分の枠が外れた気がしました。
そこからはとにかく描くことが楽しい楽しい!
向かいの人と合作をする時も様々な発見があって面白く、色の使い方や垂らし方、塗り方で色んな表情を見せる絵に子供のように夢中になっていました。
描いた絵もすごく上手い訳ではなかったですが、不思議と愛着が湧きました。

この体験を通して、もっと気軽に絵に触れる事が出来そうです!
ありがとうございました。

Letter Art

S.N.様 女性

ものすごーーーーーく、大きな何かが起きました。
すごく貴重な時間と体験をありがとうございました!!!

Let's Draw

T.O.様 女性

頭の中のイメージを描くってむずかしいと思っていたけども
パッと浮かんだ色や形、描き方を思ったまま表現する楽しい時間でした。
貴重な体験にご縁をいただき、ありがとうございました。

Let's Draw

> 参加者の声はこちらからもご覧いただけます