Dialogue Drawing(対話から生まれる描画) とは?

対話を通して、あなたの絵を、野村佳代がライブで描くARTセッションです。
あなたの気になる色や言葉を伝えてもらいます。
そこから、あなたの「今」を表現していきます。
対話の中から生まれるものが、目の前で色や形を変えながら、
完成していく、世界にひとつだけの芸術作品です。


現在、定期開催しております。
東京、関西、名古屋以外にお住まいの方
でDialogue Drawing希望の方はオンラインでの実施も可能です。
ご希望の方は、CONTACT FORMからご連絡ください。

現在開催決定している場所と日時

詳細とお申し込み

▷各回予約制です。カップルや友人同士での対応も致します。
その場合、お二人が大事にされている言葉をいただき、1枚の作品に仕上げていきます。

【お申し込み方法】

  • 1. お名前、
  • 2. 携帯電話番号、
  • 3. ご希望の時間帯、
  • 4. 今大切にしている言葉やキーワード、

の4点をご明記の上、CONTACT FORM にご記入ください。

*60分程度お時間を頂戴いたします。

*お申し込みいただきましてから 24時間以内にご返信いたします。

*先着順となりますので、ご希望の日時を取れない可能性があります。

*キャンセルにつきましては返金は受け付けておりませんので、あらかじめご了承ください。

*他の方のご迷惑となりますので、時間厳守でお越しくださいますよう、ご協力お願いします。

*作品に額はついていませんが、額装の相談承ります。

CUSTOMER’S VOICE

A.J.様 60歳 経営者

ダイヤロググローイングと聞いて内容はよくわからなかったのですが、
素顔の自分が見つけられるのならと思い、おもい切って申し込んでみました。

最初すごく緊張していたのですが、
野村さんの巧みな話術に引き込まれるうちに
すごくリラックスできて楽しい時間をすごさせていただきました。
ありがとうございます。

できあがった絵も、色調が予想以上に透明感にあふれていてすごく素敵でした。

家に持ち帰ってからも、これが今の自分をあらわしているのかと思うと
すごく感慨深くて何度も見直しています。

自分が、今後にどう変化しているのか、
半年か一年後にまた描いてもらいたいです。

たけのり様 40代 経営者

今回のドローイングのセッションは4か月近く前にお話を伺ったので、
その時の自分が大切にしていた言葉と今の言葉に微妙に変化していることに
気が付き始まる前から色々と関心が深まっていきました。

当日の朝移動中にその言葉も自分から出た言葉だけど、
本心はもっと違うところにあることに気が付き
素直にその言葉を伝えられたことも、
自分自身にとってはすごく新鮮な感覚でした。

セッション中はとても自然に自己開示出来ていることが楽しく、
共通の趣味の話題も出てあっという間で、
気持ち的には15分くらいだと思っていたら
1時間経っていて、本当に楽しい時間でした。

続きを読む


出来上がった作品は、「最初はきれいな絵だな~」というくらいでしたが、
説明を聞くとしっかりと理解でき、持ち帰り
翌朝見てみると当日は気が付かなかった繊細な部分にも表現されていることが、
だんだん理解できるようになってきました。

又自分が成長したタイミングで新しいドローイングをして頂きたいと思います。

ありがとうございました。

K.T.様 20代 会社員

普段絵にはあまり興味がある方ではなかったのですが、
野村佳代さんの作品に出会いがきっかけで絵に興味を持つようになりました。

そして今回、ご縁あってダイアログドローイングに参加させていただくことになりました。
はじめは緊張していたのですが、心地の良い空間と会話のお陰で徐々にリラックスして、
自分の中にある生の部分をさらけ出すことが出来ました。

絵に関してはただただ感動の一言に尽きます。

続きを読む

主観で見た外見イメージ
客観で見た外見イメージ
主観で見た中身イメージ
客観で見た中身イメージ
これら全てが佳代さんの手によって色になり、重なり合って作品になっているという事自体がとても嬉しかったです。
また、作品の中には現在の自分だけでなく、未来の可能性に関しても表現されているという事に非常に驚き、自らの在り方を今一度考えるきっかけになりました。

後日届いた額に入った作品とメッセージカードを見た時、本当に参加して良かったと思いました。
今回、貴重な体験をさせていただき、本当にありがとうございました。作品大事にします。

A.A.様 40代 コーチ

ダイアログドローイングというと、もっとコーチング的な会話をしながらやるのかなぁと思ってたけど、
普通の会話ですすんだので、かえって気負いなく、色々なことが話せました。

「集中」というテーマを掲げてましたが、のむちゃんが描き終えた後に絵をみて言ったことば
「混沌としながらも集中する」という言葉がとても深く入りました。

うん、私にとっての集中はまさにそうなんだな、と。

のむちゃんは絵を描いた方が相手の話しをちゃんと聴けるという言葉も印象的でした。
なんだか、すごく分かる!という感じで。

素敵な絵をありがとう。
私が思う以上に、私を語る絵であり、色合いだと思います。

M.S.様 30代 ヨガインストラクター

drawingって正直よく分かっていなかったけど、すごく興味深く、
ここ最近瞑想やアーサナでも集中にムラがあり、
混沌としていたこともありお願いしました。

一見、私の話を聞いてもらいながら、野村さんが描いてくれる絵が出来るのを
待ってる受け身のスタイルに思えたけれど、
クライアントが無意識に主導権も持たせてもらい、
対話や絵や空間から共有した情報を介して、2人で内観し、
こころの中を表現しているようでした。

いつもよりこころの隅々まで光で照らされ、
自分の焦点が明らかに大きく変わりました。

続きを読む

一部、今までヨガ(アーサナや呼吸)で体感したことと哲学や
コミュニケーションスキルで得た知識が結びつき、腑に落ちた気がした。

絵の感想はただただ嬉しかったです。(野村さんの絵が好きだから)
層になって重なり合う色が
ざわついている状態に思えたけれど、見える色から、
自分にある新しい色を勝手に感じてました。

今回の体験はひらめきに近いように思えたけど、
外に出たときに入ってくる情報と思考に結びついて出てくる、
言葉が明らかに変わり、瞑想した後のような清々しさが、時間が経つにつれ、
どっしりと感じられて不思議。

野村さんの言葉を借りると、自分の殻に入り込んでしまうのではなく、
一方で俯瞰する自分ががいる。まさにそんな感じです。

感覚が薄れていかないうちに抽象的で自分でも雲をつかむようだと思いつつ、
なくならないうちに記録しました。

感覚で捉えてることを人に伝わる言葉にしていけるよう、意識していきたい。

> 参加者の声はこちらからもご覧いただけます

●過去開催

  • 2018年9月 OSAKA ver.2 終了いたしました。
  • 2018年8月 NAGOYA ver.4 終了いたしました。
  • 2018年8月 TOKYO ver.8 終了いたしました。
  • 2018年7月 KYOTO ver.2 修了いたしました。
  • 2018年6月 TOKYO ver.7 終了いたしました。
  • 2018年5月 OSAKA ver.1 終了いたしました。
  • 2018年4月 TOKYO ver.6 終了いたしました。
  • 2018年4月 TOKYO ver.5 終了いたしました。
  • 2018年3月 NAGOYA ver.3 終了いたしました。
  • 2017年11月 TOKYO ver.4 終了いたしました。
  • 2017年11月 NAGOYA ver.2 終了いたしました。
  • 2017年10月 個展「筆を持つ」ver. 終了いたしました。
  • 2017年8月 KYOTO ver.1 終了いたしました。
  • 2017年8月 TOKYO Ver.3 終了いたしました。
  • 2017年7月TOKYO ver.2 終了いたしました。
  • 2017年4月 HYOGO ver.1 終了いたしました。
  • 2017年3月 NAGOYA ver.1 終了いたしました。
  • 2017年3月 TOKYO ver.1 終了いたしました。
  • 2017年2月 個展「Tsu.Na.Gu. 繋ぐ」ver. 終了いたしました。